この度、AR(拡張現実)の作成システムを導入いたしました。
映像を付加することにより紙媒体スペースだけでは表現しきれない情報を表現できます。
また、印刷物に映像の付加価値を付けることにより他社との差別化にも繋がります。